『むらたんち #1』について

 

村田が2017年4月〜6月あたりに録りためた曲を、曲間にMCを入れたり架空のラジオジングルやCMを入れてまとめたミニアルバムです。

 

単に曲をまとめただけでは、まずほとんどの人が飽きるというか最後まで聴いてくれないだろうと思い、こんな感じにしました。アルバムの曲間にDJが入るというのは意外と古典的な手法で、山下達郎『COME ALONG』をはじめとして(今度3がでるらしいす)、カーペンターズ『Now & Then』のB面にいたるまで、そういう仕掛けのアルバムはたくさんあります。

 

 

今回一番真似したかったのは、ピチカートファイブが1991年に行った5ヶ月連続リリースという企画のミニアルバムたちです。『最新型のピチカート・ファイヴ』『レディメイドのピチカート・ファイヴ』などなど。

 

それから、はじめはMCをいれるくらいのつもりだったんですが、他の曲を録り直したりしているときに、大滝詠一『NIAGARA CM SPECIAL』を久しぶりに聴き、CMやジングルも新たにつくることにしました。

 

タイトル『むらたんち』は特に何も考えずにつけました。細野晴臣『Hosono House』へのあこがれが垣間見えます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です