4月23日号

たとえば、中学生や高校生の頃の夏休み。毎日毎日たいした予定がなく、だらだらと過ごしていると、だんだんといろいろな物思いにふけるようになる。いろいろなことを考えて、結構鋭い気づきとか、それまで持っていなかった見方を手に入れたりする。そして、まだまだ知りたいことがたくさんあることに気づき、勉強がしたくなる。学校に戻って勉強するのが待ち遠しくなる。

 

でも、いざ学校に戻ると、今度はなんだかんだ毎日毎日忙しい。たくさん授業がある。自分の中に入れていかなければならない情報がたくさんある。気がつくと情報を頭に入れることに精一杯で、夏休みに手にしていた結構鋭い気づきとか、新しい見方とかはどこかにいってしまった。あーあ。勉強は目の前の情報をただただインプットするだけの作業になってしまった。

 

昔からこうだった。勉強をしないと頭が悪くなってしまうけど、勉強をしていると頭が悪くなりそうになる。そして、1年間休学してそのループを抜け出したのが22歳の俺だ。俺はすごい。はっはっは。22歳をなめるなよ、中高生。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

・『水の中のASIAへ』松任谷由実(1981)

母親がユーミンのCDを5枚くらい貸してくれたのでかたっぱしから聴いてる。そりゃユーミンのCDなんて全部いいに決まってるんだけど、やっぱ80年代前半くらいまでの曲が一番違和感なく聴けて好きかもな。80年代後半以降になるとどうしてもアレンジとかサウンドの古臭さが目立ってしまって。

 

・「山下達郎のサンデーソングブック 4月22日」

ラブソング特集。そういえばほぼ毎回じっくり聴くようになったのは実は1年前くらいからで、毎回聴いてるとたしかに微妙に選曲の趣向が変わってくるなあと思った。去年の今頃はもうちょっとソウルとかが多かった気がする。それでノーザンソウルってどんなもんじゃいみたいのを勉強した気がするし。わからんけど。

 

・『徐々に夏へ…』Apple Music プレイリスト

西沢さんのプレイリストいっつもよくてすごい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です