カーペンターズ聴いて感動したり 10/25

とにかく制作中なので疲れる。日記もたまってる。別に誰に頼まれたわけでもないんだけど、1,2ヶ月に一回は日々作ってる音源をまとめて仕上げたい気持ちになるのでやってる。

そういう中で、なんかカーペンターズが急に聴きたくなってベストを頭から順に聴いてたら、ほんとにいい曲ばっかりで感動しちゃった。当たり前なんだけど。あらためて。

コードとか、そこまで複雑な進行ってわけでもないし、サウンドもシンプルだし、でもこんなに心を打たれるというわけで。わかってはいたけど、コード進行とかサウンドとか凝りすぎてシンプルなものの強さがわかんなくなっちゃうとだめだなーーーって。どんなものでもそうだけど。

 

忌野清志郎が一時期自分の曲のコードがどんどん複雑になってしまって、シンプルなものの強さを探ろうってことでローリングストーンズの研究をしたって話を思い出した。今作ってるの終わったら、カーペンターズとかビートルズとかアメリカンポップスとかそういうのの分析しようっと。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です