『リリィ・シュシュのすべて』を観たり 10/19

たまたま岩井俊二監督の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』がアマゾンプライムで無料だったからはじめて観て、えらいいいなあと思って、続けて『リリィ・シュシュのすべて』も観た。こっちもよかった。

劇中に出てくるリリィ・シュシュというアーティストはsalyuが演じてて、音楽は小林武史が作ってた。これがぴったり映画とはまっててよかった。小林武史の音楽が10代の心をつかむ感じの一部分が描かれてる映画っていってもいいと思った。ミスチルしかり。あんまり小林武史について考えたことなかったけど、なるほどという感じ。

 

昼間はジャズ研でベース弾いてる友達が遊びに来てくれてた。俺が好きな「dear old stockholm」のコード進行に合わせていろんなリズムでベース弾かせて困らせたり、転がってる雑誌とか読みながらいろいろ話した。よき。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です